TOP > 甲府で愛人募集していた主婦との出会い体験記

愛人募集していた甲府の主婦

出会い系に精通している方なら、すでにご存知かと思いますが、ここ数年、「援交」や「割り切り」の他に、「愛人になりたい」という女子が増えてきています。

もちろん愛人を確保するには条件があります。

「週一のデート(マンコ含む)で月10万ほどのおこずかいを渡す」というのが相場でしょうか。

きっと10代のころから援交をつづけてきた女子って、いちいち相手を探したり、そのたびに条件交渉をすることに疲れてきてしまったんでしょうね。

愛人の画像

どうせオマンコをさせるなら経済力のある相手を囲っておいた方が、収益も安定するし、危険のリスクも回避できます。

なので長期的戦略的に援交をつづけようと思っている女子は、どうしても「愛人化」へとむかう流れができつつあるようです。

でもね、みなさん。

月10万ですよ。(もちろん実際はもっと多額の要求をしている女子もいます)

相手の女がよっぽどいい女じゃなきゃ(なおかつ飽きのこない女でなきゃ)そんな金払う気になれませんよね?

そこらへんは女子の方でも自覚しているようで、レスを返すときちんと顔写真や水着写真なんか送ってよこします。で、みなさんそれなりに綺麗です。多額のこずかいを要求するだけあってかなりレベルが高いです。

でも、なかにはとんでもない食わせ者もまぎれています。

先日、ハピメで知り合った「愛人募集女子」がそうでした。

主婦の画像

愛人募集の女子には、いきなり月契約を結ぶのではなく「都度」と呼ばれているシステムがあります。まあ、ドモホルンリンクルのお試しセットと同じで、とりあえず「一発オマンコを試してみてから、本契約をするかどうかを決める」、というシステムです。

で、「都度2万」という約束で会うことになったのですが、相手の女は、直球ど真ん中の本格派のドブスでした。

もちろん彼女の顔写メはあらかじめ確認してありました。

でも、それは右斜め前方から超絶イカサマ技法で撮影された、とんでも写真だったんですね。

彼女は一応、24才の人妻らしいのですが、この際、経歴なんか関係ありません。

私はバカバカしくなってその場で帰ろうと思いましたが、一方でこんなドブスに期待して甲府駅までやってきた自分にも腹がたってきました。

女をみてみると顔はどうしようもありませんが、身体はそこそこエッチです。

私はこの怒りと一緒に、この女に精液をぶちまけてやりたくなりました。

女性の写真

女ってほんとなにを考えているのかわかりません。

この女は自分がこれほどまでにドブスのくせに、卑下した様子も悪びれる風でもなく、自信満々で私に接してきました。

ひとつだけこの女のましな部分をいうと、マンコはなかなかいい具合に絞まっていました。

私は自分が「パパ候補」であるのをいいことに、女のドブスな顔面に思いきり顔射してやり、ついでにお掃除フェラをさせました。それから、

「じゃあ、シャワー浴びておいでよ。そのあと美味しい寿司でも食いに行こう」

といって女をシャワールームに追いやり、その間に金を払わず部屋からトンズラこきました。

すぐに女から怒涛の怒りメールが入りましたが、すぐさま着拒しました(笑)。

まあ、タダマンと思えば、そこそこ気持ちのいいマンコでした。

毎度、活用しているコミュニティ

上記のサイトは甲府の女性の書込みも多く、初回は無料ポイントが付いてきますので2日ぐらいはタダで遊べます。

>> 最新記事 甲府の割り切り交際で知り合った人妻さん