TOP > 山梨のデリヘルの本番プレイ最新情報

山梨のデリヘルで本番できたコンパニオン

出会い系でアポ取りに成功し、2回ほど食事をして、次に会ったときはオマンコ確定!

そう確信する瞬間ってありますね。

にもかかわらず、当日になってドタキャン………。

出会い系では、そういうときもままあります。

はい。その日の私もそうでした(笑)。

デリヘルの画像

そんなときあなたならどうやってチンコをなだめますか?

私は迷わずデリ嬢を呼んでしましました(笑)。

デリヘルの画像

その彼女はすでに2回ほど指名したことのある馴染みのデリ嬢さんでした。

探そうと思えばもっと美人だっていたんでしょうが、そのときの私のチンコはもう悠長に美人を探している余裕なんかなかったんですね。

でも、結果的に彼女を選んで正解でした。

「指名してくれて、ありがとー。ここんとこなんだかひまでさー。今日なんか1本もお客さん取れないかも、って思ってたんだー」

彼女の年齢は24才。

昼間は病院事務の仕事をしていて、週末の二日ほどデリヘルで働いている頑張り屋さんです。

特別な美人ではありませんが、彼女といると妙に気持ちとチンコがなごむんですね。

「Kさんに指名されると、わたしも癒されるわー」

嬉しいことをいってくれるので、私もついつい、

「疲れてんじゃない? マッサージしてあげようか」

優しいところをみせてしまうんですね。

女性の写真

そういう私のサービスが効いたんでしょうか。

その日は彼女は、なんだかいつもと様子が違っていました。

自制心みたいなものがゆるんでいるというか、無防備というか、ようするにめっちゃ感じやすかったわけです(笑)。

クンニなんかしてやると自分からお尻をクイクイ揺さぶって、

「あ、いい! 気持ちいいい!」

喘ぎながらマンコはもう大洪水を起こしているわけですね。

彼女の場合、デリ嬢としてまだそれほど場数をこなしていないので、自分をコントロールする仕方を身に付けていないだけだったのかもしれません。

そうしてグングン盛り上がりつつ彼女が素股を始めたときでした。

「ああ、だめ! 今日はもうだめ! 入れたい! 入れていい!」

彼女は私の返事も待たずに、チンコをマンコに入れちゃいました(笑)。

「あああああ、いい、いい、いく、いく、いくうううう!」

彼女はオマンコの中もあたたかく、適度な弾力で私を絞めつけてくれました(笑)。

>> 最新記事 甲府の割り切り交際で知り合った人妻さん